【対処方法】iPhone/iPadでソフトウェアアップデート後に『超広帯域無線(UWB)のアップデートができませんでした。超広帯域無線(UWB)をアップデートするまではiPhoneでUWBで使用できません。』と表示される




iPhone/iPadを利用しています。
ソフトウェアアップデート後に『超広帯域無線(UWB)のアップデートができませんでした。超広帯域無線(UWB)をアップデートするまではiPhoneでUWBで使用できません。「詳しい情報」「OK」』と表示されます。
どうすれば良いですか?
 iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max でこの警告が表示される場合、iPhone の超広帯域無線機能のアップデート時に問題が起きています。
 または、「設定」>「一般」>「情報」に、『超広帯域無線 (UWB) のアップデートができませんでした。超広帯域無線 (UWB) をアップデートするまでは iPhone で UWB を使用できません』というメッセージが表示されます。
 

対処方法

 事前にiPhone/iPadをバックアップしてから、以下の手順にそってiOSまたはiPadOSを再インストールしましょう。

1.iPhone/iPadをパソコンに接続します。

※最新バージョンのmacOSまたはiTunesがインストールされていることを確認しましょう。

macOS Catalina 10.15 を搭載した Mac では、Finder を開きます。macOS Mojave 10.14.4 以前を搭載した Mac または Windows パソコンでは、iTunes を開きましょう。

2.「このコンピュータを信頼しますか?」というポップアップが表示された場合は、iPhone/iPadのロックを解除して「信頼」をタップする。

3.デバイスを選択します。

4.Finder では、「一般」をクリックします。iTunes では、「概要」をクリックし、以下の手順を実行しましょう。

※Mac の場合:「command」キーを押しながら「アップデートを確認」をクリックします。

※Windows コンピュータの場合:「Ctrl」キーを押しながら「アップデートを確認」をクリックします。

5.最新バージョンのソフトウェアがiPhoneまたはiPadにダウンロードされ、再インストールされます。ダウンロードが終わるまでは、パソコンとiPhone/iPadの接続を解除しないようにしましょう。

それでも改善しない場合は?
 上記の警告が引き続き表示される場合は、iPhone/iPad を Apple 正規サービスプロバイダに持って行くか、Apple Store で Genius Bar の予約、又はApple サポートに問い合わせましょう。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です