【操作方法】Apple Watch(watchOS7)で帰宅後に「手洗い」の通知を受ける。




Apple Watch(watchOS7)を利用しています。帰宅後に「手洗い」の通知を受けるにはどうすれば良いですか

 Apple Watchでは、ユーザが手を洗い始めたときにその動作を検知して、世界各地の保健機関が推奨する20秒間洗い続けるよう促すことができます。また、帰宅後数分以内に手を洗わなかった場合にApple Watchから通知を受け取ることもできます。

 

操作方法

 Apple Watchでは、ユーザが帰宅してまもなく、手を洗うようにリマインドすることができます。

1.iPhoneでApple Watch Appを開きます。

2.「マイウォッチ」をタップし、「手洗い」をタップしてから、「手洗いリマインダー」をオンにします。

注意:ファミリーメンバー用に設定したApple Watchでは、手洗いリマインダーをオンにすることもできます。Apple Watchの「設定」Appを開き、「手洗い」をタップしてから、「手洗いリマインダー」をオンにします。

※手洗いリマインダーを受信するには、iPhoneの「連絡先」Appの「マイカード」で自宅の住所を設定する必要があります。

※手洗いの平均時間のレポートを表示するには、iPhoneで「ヘルスケア」Appを開き、「ブラウズ」>「その他のデータ」とタップしてから、 「手洗い」をタップします。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です