【操作方法】Apple Watch(watchOS7)で睡眠のオプションを変更する。




Apple Watch(watchOS7)を利用しています。睡眠のオプションを変更するにはどうすれば良いですか

 Apple Watchの「睡眠」Appで、睡眠目標の達成に役立つ就寝スケジュールを作成できます。
Apple Watchを装着して寝ると、Apple Watchで睡眠を記録できます。目覚めたら、「睡眠」Appを開いて、睡眠時間を把握したり、過去14日間の睡眠の傾向を確認したりできます。

就寝前にApple Watchのバッテリー残量が30パーセント未満の場合は、充電するように促されます。朝には、表示されるメッセージを見るだけでバッテリー残量を確認できます。

 

操作方法

1.Apple Watchで「設定」Appを開きます。

2.「睡眠」をタップしてから以下のオプションのオン/オフを切り替えます:

睡眠モード:予定している睡眠準備の時刻になると、ロック画面が簡易表示になります。デフォルトでは、睡眠モードは自動的にオンになります。睡眠モードをコントロールセンターで手動で制御するときは、「睡眠モード」をタップしてから、このオプションをオフにします。

・時刻を表示:睡眠モード中にiPhoneおよびApple Watchに日付と時刻を表示します。「睡眠モード」をタップして、オン/オフを切り替えます。

睡眠記録:このオプションがオンになっていると、Apple Watchで睡眠が記録され、睡眠データがiPhoneの「ヘルスケア」Appに追加されます。

・充電リマインダー:睡眠準備時刻の前に充電するように知らせてもらい、充電が完了したら通知が表示されるようにできます。

触覚タップで目覚める:画面の下部をタッチして押さえたままにしてから、上にスワイプしてコントロールセンターを開き、「ベルのアイコン」をタップして消音モードをオンにします。Apple Watchからタップで起床時刻が知らされますが、アラーム音はなりません。

 これらやほかの睡眠オプションをiPhoneで変更することもできます。iPhoneで「ヘルスケア」Appを開き、「ブラウズ」をタップしてから、「睡眠」>「オプション」と選択します。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です